生ローヤルゼリーで元気な毎日を送る

年齢を重ねてくると心も体も疲れが溜まってしまう日というものがあります。毎日元気に仕事に取り組みたくてもどうしても力が入らない日があります。そのような時に元気に源として生ローヤルゼリーを飲んでみてください。ローヤルゼリーは以前からある食品でよく知られていますが、最近は生のローヤルゼリーというものが流行っているそうです。生ということは、はちの巣から取り出した状態でそのまま瓶詰されているため、カプセルなどで摂取するよりも効果を期待することができます。ローヤルゼリーは、はちの巣の中でも唯一女王蜂だけが食べる物でとても希少価値があると言われています。これを贅沢に生で食べられるわけですから、人間にとってもものすごいエネルギーとなることでしょう。最近は多くの養蜂家で生ローヤルゼリーの出荷を始めているそうで、インターネットを中心に色々な場所で購入することができます。一度食べてみると、生のローヤルゼリーの効果を実感できるはずです。今まで不足している栄養をサプリメントや栄養ドリンクなどで補っていた人も、ぜひ一度試してみてください。疲れている日や、気合を入れてがんばりたいという日にあなたの力になってくれることでしょう。

カニは色が違う

北海道の毛ガニ。以前インターネットのカニ 通販サイトで買った時と蟹の色が若干違ったような気がしたので調べてみました。そうするとすごく面白い事がわかりました。毛ガニの場合、漁場によってカニの色が違うようです!それは昆布をメインに食べているカニと、例えば魚をメインに食べているカニでは色が違います。鶏の玉子を例にあげるとにわとりの玉子は食べるものによって色が変わります。あの黄色い色がでるのは唐辛子を入れているから出る色であって食べ物によっては青色にも変化します。そこまで色が変化するのは人間が長い間かけて研究した成果を意図的にやっているからですね。これは海の生物でも同じで、北海道で食べている昆布も種類があります。函館で有名ながごめ昆布や、魔昆布。種類によってかなり差がでます。毛ガニの場合は色があかっぽいのと黒っぽいっと言うが分類であるようです。北海道の毛ガニと言ってもここまで色が変わったりするのは聞いて豆知識として面白かったです。ちなみに茹でてしまったら色の差はあまりなくなりますので、意識をしないと色の変化には気付かないでしょう。色の変化に気付くのは漁師さんやカニのプロの方ぐらいじゃないとわからないかもしれません。ただ、素人の私がわかっちゃいましたがw

健康な生活を送るために欠かせない冷えを解消しよう

私は、冷え症で長年苦しんできました。
冷えはいろいろな病気の原因になっているので、少しでも解消できたらいいと思い、冷え対策に取り組んできました。夏の冷房は足元が冷えて苦手なので、できるだけ使わないようにしたり、どうしても冷房が必要なときにはひざ掛けが使います。寒いこの時期は足や手に霜焼けができていて、温まるとかゆくなって困るので、できるだけ霜焼けができないように気をつけています。また足が冷えていると心地良く眠ることができなくなるので、足元に湯たんぽを入れたりすると朝までゆっくりと眠ることができます。
冷え症は無理なダイエットや、脂肪や糖分を多く摂りすぎることも原因のひとつのようです。冷え症の解消にはバランスの良い食生活を送ることが大切だと思います。
特に気をつけて摂りたい栄養素は、ミネラルやビタミン類です。私のいちおしは、今が旬の牡蠣です。牡蠣は海のミルクと言われる程、大切な栄養素が多く含まれています。特にミネラルやビタミンが豊富です。先日は、牡蠣ご飯を作りました。材料は、牡蠣のほかに、わかめ、人参、ゴボウ、干しきのこ類、油揚げ、生姜等を入れました。海の幸、山の幸をバランス良く取り入れたつもりです。
また、冷え症解消のためには、生姜料理も効果があるようです。簡単に摂取しようと思えば、生姜をすりおろしてお湯を注ぎ、はちみつ等を加えた生姜湯や、生姜ごはん等で食べると良いと思います。
バランスの良い食事を心がけて、冷えの解消を目指したいと思います。

みそを通販サイトから購入したい時は

みそを通販サイトから購入したい時は信頼性の高い所なのかどうかを前もって調査するようにし、安全性の高い所を利用出来るよう準備しましょう。簡単に調査したい時は一度通販サイト側に質問するようにして、その時の対応を確認します。対応が非常に速い・回答が明確で分かりやすい・礼儀正しく気持ちの良い対応をしてくれるといった特徴を確認出来る通販サイトは安全性が高く安心して商品を購入出来る所だと言えますので、そのような所を利用しましょう。こうした特徴を有している通販サイトを幾つか見つけた際には次に販売価格を比較するようにし、最も安くみそを売っている所を利用しましょう。そうすることで負担を極力抑えられるようになり、予備の分も気軽に購入出来ます。
後は通販サイトの作りの方も確かめるようにして、利用しやすい所となっているのかもしらべましょう。商品に関する説明文がしっかりと載せられている・参考画像が多数載せられている・クリックするだけで即購入手続きまで移行出来るといった作りをしている通販サイトは安心して利用し続けられる所だと言えますので、この点も意識して探しましょう。みそを通販サイトから定期的に購入したい時はこのように冷静に良い所を見つけるのが大切となります。

和菓子を内祝いに

人生におけるお祝い事、七五三、小学校入学、結婚、出産など。人生の中には多くのお祝い事があります。このお祝い事では家族や知り合いの方にお祝いをお他抱くことが多々あります。お祝いをもらえばそのままにしておくことはダメですよね。礼儀として、また一般常識としてお祝いのお返しをしなければなりません。お祝いのお返しは内祝いと言われます。内祝いはお祝いの金額に応じて返していきます。どんなものを内祝いとして返せば喜ばれるのか。どんなものを返せばセンスが良いと思われるかなど。内祝いには頭を悩ませる人が多いのではないでしょうか?内祝いでは食べるものを贈る人も多くいます。洋菓子、和菓子などは誰からも好まれますし、手ごろな価格から準備できますから。あるデパートは和菓子の内祝いに対して素敵なサービスを行っています。赤ちゃんの誕生に対してお祝いをいただいた人へのお返しとしておまんじゅうやカステラなどの和菓子を選ぶと、その和菓子の上に赤ちゃんの名入れをサービスで行っています。通常は内祝い商品のはこの上に赤ちゃんの名前が書かれた短冊が添えられます。あまり印象に残らないこともありますが、和菓子の上に名前が刻印されていれば印象に残りやすいですね。
和菓子 内祝い商品

初体験してきました「油そば」って何!?

友達が油そばを食べに行こうというので付いていきました。ってゆうか油そばって何?油で炒めてあるのか、絡めてあるのか・・・なんだか未知の食べ物という感じでちょっと躊躇しながらも興味があったのでお店に行ってみました。食券を買って、私は一番シンプルなタイプの油そばです。チャーシューに、ノリ、タマゴ、メンマなんかが乗っています。なるほど~油そばって、汁なし麺のことなんですね!ラーメンはラーメンなんですけどね、ちょっと不思議な感じです。食べ方なるものが目の前に張られていて、初心者の私はそれを見ながら食べました。友達は慣れているみたいで調味料やらなんやらかけながら混ぜ混ぜしてあっという間に食べていました。お店の食べ方によると、まずお酢とラー油をかける、丼にもお酢とラー油を2周かける、最後に豪快にかき混ぜると書いてありました。まぁ初めてだから言われたとおりにやりました。う~ん私コレ好きかもです。女子でも結構お客さんが入っていたのでこのガッツリ感は嫌いな人はいないでしょう。唐辛子も置いてあったので店員さんに聞いたところ、食べながら好きなタイミングで入れてくださいとのことでした。入れてみるとウマいじゃないですか、飽きずに最後まで食べきっちゃいました。麺も太いから少なそうに見えていたのに結果満腹・・・。ヤミツキの味になりそうです。

栗とあずきがマッチした口羊羹

栗羊羹は栗の甘みとあずきの上品な甘さが合わさって本当に美味しいですよね。誰が考え出したのだろうかと思うほど。本当にあずきと栗の相性は抜群です。栗を使用したお菓子は栗羊羹のみではありません。和菓子だけでなく洋菓子にも色々な栗を使用したお菓子があります。和菓子では栗きんとん、栗饅頭、栗の最中など。洋菓子では栗のパイ、モンブラン、栗タルトなど。日本だけではなく、世界中で愛されている栗のお菓子。中国では甘栗が有名ですね。フランスではちょっと大人のマロングラッセが有名。栗は日本ではいつ頃から食べられていたのでしょうか?なんと縄文時代から栗は食べられていたようです。栗には多くの栄養素がギュッと詰まっています。たんぱく質、でんぷん、脂質、ビタミンC、食物繊維、カルシウム、タンニンなど、1粒に豊富な栄養素が入っています。生の栗の場合はミカンと同じくらいのビタミンCが含まれているようですよ。ただし、生では食べられないので私たちの口に入る時にはビタミンCの量も減ってしまいますが。栗羊羹が好きで食べている人でもここまで栗に効能があるとは驚きなのではないでしょうか。体のためにも普通の羊羹を選ぶなら栗羊羹を選んで食べたいですね。

安芸の宮島にて焼き牡蠣を

先日、ドライブで広島の宮島に行ってきた。高校の修学旅行以来だから、もう数年ぶりになる。宮島まではフェリーで。「あれが牡蠣を養殖している筏だよ」と友人。地元が近いだけあってずいぶん詳しそうだ。修学旅行の時も教えられたのだろうか?筏を使って養殖するなんて、初めて聞いた気がする。「あった!」厳島神社の見学の後、友人が嬉しそうに指さしたのは牡蠣のお店だった。実は私、牡蠣が食べられない。正確に言うと、生牡蠣が。牡蠣自体はむしろ大好物で昔はよく食べていたのだが、あるとき2年連続でノロウイルスにかかってしまい、ドクターストップがかかったのだ。好きなのに食べられないという状況ゆえ、友人がお目当ての店を探し出したのはほんの少し残念でもあった。友人が美味しそうに牡蠣を食べているところを見ているだけなんて辛いじゃないか。(あーあ)なんて思いながら店の前まで歩くと、何やら香ばしい香りが。なんとそこのお店には焼き牡蠣があったのだ!これなら私でも食べられる。打って変わって機嫌を良くした私は、意気揚々と焼き牡蠣2つを注文した。出てきたのはプラスチックのお皿いっぱいの、ぷりっぷりの牡蠣。立派な殻の中で、ほんのりと黄金色をしている。豪快にかぶりつくと、中からじゅわっとエキスが溢れた。これは美味しい!牡蠣と言えば生牡蠣か鍋料理だった私が、初めて食べた焼き牡蠣だった。「宮島で牡蠣を食べた」なんて、広島が決して近いと言えない私の周りでは結構な自慢だ。私自身なかなか足を運べない場所だが、機会があったら、あの牡蠣をもう一度、味わいたいと思う。

食品通販サイトのメリット

インターネット通販を利用している人の多くは、食品を購入した経験があるはずです。食品通販サイトのおかげで、我々の生活は飛躍的に便利になりました。ここではそのメリットについて紹介します。第一に、地域限定商品や特産品を日本全国どこからでも取り寄せることが挙げられます。これまで旅行の土産等でしか入手できなかったものを気軽に食べられるようになり、日々の食生活が豊かになっています。特に地方出身者が引っ越し先などで故郷の料理を食べられるというのは素晴らしいメリットです。第二に、安全な食品を食べられるようになったことが挙げられます。食品通販サイトの多くは食の安全に気を使っています。たとえば生産者の情報や、有機栽培の野菜であることを明示したりするなど、実店舗よりも豊富な情報提供がなされています。これによって消費者は、自分が食べる物の安全性を納得がいくまで確かめることができるというメリットが有ります。第三に、重い商品を直接持ち帰る必要がなくなったことが挙げられます。特に足腰の弱った高齢者にとって、重量のある食料品が自宅まで配送されることは大きなメリットです。このように食品通販サイトは様々な利点を有しており、我々の生活を豊かにしてくれています。

女性に人気の「食品通販」

最近、よく耳にする「お取り寄せグルメ」ですが、これはいわゆる「食品通販」の事です。各地のおいしい名産品が最近ではインターネットで簡単にお取り寄せすることができるようになりますした。昔も電話での注文はできたと思いますが、インターネット普及で需要も格段に増えてます。観光地のお土産などで人気のお菓子、人気のレストラン、冷凍食品、お菓子、飲料などの食品会社たくさんの企業が「食品通販」を行っています。生もの等で(ケーキなどが多い)一部、鮮度や形を配送中に保てないなどの理由で販売できない商品もまだあるが、たくさんの商品がチルド、冷凍などで配送を行いお店で購入するのと変わらない状態で受け取り、おいしく食べる事ができる。わざわざ長蛇の列に並ぶ必要もなく、遠くまで買いに行ったり、旅行に行く人に頼んだりする手間を考えると非常に便利です。また、ネット限定の商品やお得な商品も多くあるので気になる会社のホームページはこまめにチェックした方がいいです。通販でも人気の商品は、数か月待ちなどあるが長く待って手に入った商品の味はまた格別においしい感じます。送料は商品とは別にかかりますが、親戚や友人と一緒に頼んで配送料をシェアすると交通費に比べて安く購入することができます。

このページの先頭へ

イメージ画像